Musics's archives

 1996年に発表されたLINDBERGの曲です。今は、阪神タイガースの藤川球児投手の甲子園での入場テーマ曲と言った方が、「ああ、あの曲ね」と言われる方が多いと思う。
 自分としては、パナソニックのTVのCMのイメージが強い。(Kinki KidsのLOVE LOVE あいしてるとか、ハンマープライスとかの時間帯によく流れていた。)

 何故だかこの曲が無性に聞きたくなり、インターネットで探しあてた。
 オーケストラにバンドを組み合わせた感じがかなり好きで、この迫力には圧倒される。しかし、音楽もさることながら、歌詞を改めて読んでみると、何かグッとくるものがある。
 アスリートを影で支える人の気持ちを歌った曲だけど、アスリートに限らず、何かに向かって一生懸命な人を応援している曲だと感じた。

 そして...自分自身への奮起の曲でもある。落ち込んでいる時にこの曲を聴いて、一歩進める曲です。

 是非聴いてみてください。自分はLINDBERGの中で一番の名曲だと思います。(ただ、LINDBERGの曲の中で、そこまで有名じゃないんだよね...)