Archives at 2009年12月

| コメント(0) | トラックバック(0)
 2009年もあと少しで終わりを迎えます。以前は、アルバイトをしていたので、年末を感じることはあまりなかったのですが、会社員になってからは、年末年始が休みなので、年末を実感しております。

 今年は波乱の一年でした。

 何といっても、離婚が最も大きかった出来事でした。

 やっぱり思いやりが足りなかった...これが、今年一年の振り返りでしょうか。

 あとは、仕事の内容が変わって、夏頃は結構ハードワークだったことを思い出します。こういう時もあるよね。

 来年は、改革の一年かな。多分、今年よりハードな1年が待っているでしょう。

 このWeblogも始めたばかりなので、今後も継続していきたいと思います。

 それでは、良いお年をお迎えください。

HAMA CAFE

| コメント(0) | トラックバック(0)
 さて、大桟橋で夜景を堪能した後は、ディナータイムです。前々から気になっていた、大桟橋付近のカフェがたまたま開いていたので入ってみました。場所は、ココ(google mapへリンク)です。(最寄駅はみなとみらい線日本大通り駅)

 お店の外観はこんな感じです。
HAMACAFE

 店内は、白熱電灯で、温かい雰囲気。そして、クリスマス仕様ということで、各テーブルにはサンタクロースやスノーマンの人形が置かれていました。

 料理は、コース・アラカルト両方が食べられます。今回は、ピザとリゾットとパスタをいただきました。どの料理もチーズか使われており、これがまた美味しい!ビールが進んでしまいました(笑)

 そして、カプチーノを注文すると、絵を描いてくれます。

HAMACAFEのカプチーノ

 かわいい...(*´▽`* )

 友人は飲めない!!と言って、なかなか手を付けませんでした。

 ランチもやっているようなので、昼に来たときも立ち寄ってみたいと思います。

 Webサイトはこちら>>HAMA CAFE
 スタッフBlogはこちら>>HAMA CAFEブログ
 と、銘打って、高校時代からの友人2人と横浜へ出向きました。
 一人は、インドビールを買ってきてくれた、今となっては飲み友達の方(男性)。もう一人は、同じ高校でも、同じ大学でも、同じ職場でもないのに長いお付き合いの方(女性)。共通点は、みんな独り身(笑)

 そんな独り身な人には、クリスマスなんてくそくれぇだ!と言わんばかりに、カップルを前に騒ぎに行こうと計画をしておりました。

 しかし...

 カップルあんまりいないじゃん...(´・ω・`)

 カメラマンが多いじゃん...(´・ω・`)

 そんなわけで、計画変更っ!

 普通に夜景を堪能してきました。
 ランドマークタワーや、クイーンズスクエアは全館点灯が行われていて、ものすごく明るい!こりゃ宇宙から見ても、はっきり見えるわけだ...。

 ワールドポーターから赤レンガ倉庫→象の鼻パーク→大桟橋の順で夜景を堪能。一人は、ミニ三脚を持ってきており、完全にカメラマンに...最初から、写真撮りに着たんじゃないの(笑)?
 そんな自分も、写真を撮りまわっていました...。

 撮っていた写真の中で、ちゃんと写っていて一番気に入った写真を載せます。

レインボーみなとみらい
Merry Christmas!!

 残り数枚は続きへ...
 先輩が御用達とのことですが、料理がおいしかったので載せます。場所は、ココ(google mapへリンク)です。(最寄駅はJR・小田急町田駅)

  手作り料理と日本酒のお店です。日本酒の銘柄は然ることながら、メニューにそのお酒の蔵元の紹介や醸造の写真などが載っているファイルがあり、飲む前に楽しむことが出来ます。
  また、利き酒セットがあり、飲んで楽しむことができます。
  料理も月ごと(一部季節ごと)に入れ替わり旬のものを食べられます。

  とりあえず、私が行ったときは海栗がとても美味しかった!そして、魚料理も美味しいので、日本酒がお好きな方にはたまらないと思います。
  あまりに美味しすぎて、4人で5万円使いました(笑)

  場所は小田急町田駅から近いのですが、ビルの地下にあるため、ちょいと迷います。町田へ行かれたときは、足を運んでみてください。

  Webサイトはこちら>>さんかつ
Indian Beer

 高校来の友人と仲良しの友人と忘年会をやってきました。その友人が今年の11月にインドへ出張に行ったときのお土産を頂きました。そのお土産がビール(写真)。

 インドでは日本でいうコンビニやスーパーが無く、そもそもあまりお酒を飲まない習慣(らしい)ので、あまり酒屋も無い。そんな中、現地のガイドさんに案内してもらい、購入したそうです。
 そんな苦労して、お土産を買ってきてくれた友人に感謝です。(3本買ってきてくれたのですが、1本は昨日行ったお店のマスターにあげました。)

 早速、左の赤いほうのビールを飲んでみました(というか、飲みながら書いてます。)

 味はとても甘い。フルーツ...とまではいかないにしても、口当たりがとても甘いです。そして、飲みやすい!
 炭酸は効いてますが、日本のビールとはちょっと違う感じです。

 残りの1本は後日飲んでみます!
P1020131.jpg
初めて写真に収めることができました。銀河鉄道のペイント列車。
迫力あります。

Bar

| コメント(0) | トラックバック(0)
 初めて一人でBarに入りました。 地元がばれるので、今回はMap省略(すんません...)。

 ぶらりと行ったラーメン屋の近くにあり、少し飲みたかったので行ってみました。
 幸か不幸か分からないけど、入ってから出るまでずっと1人。つまり、マスターとタイマンですね...。一人で飲みに行くなんて今まで無かったので、まぁ緊張はしたものの、いざ話し始めると、マスターが引っ張ってくれるので、なんだかんだずっと話してました。

 お酒もお手頃価格で提供してくれているので、また行ってみようと思います。

 大人数で飲みに行くのもいいですが、たまには一人で...ってのもいいですね。
 熱を出してしまうんですね...。

 幸いにも、はやりのインフルエンザではないようなので、明日から復帰できると思います...。
 この前の土曜日、ライブを見に行った。

 誰のライブかって?弟のライブです。
 弟は自分と2歳離れている。昔から性格も顔つきも全くと言っていいほど似ておらず、一時期、「本当に弟かコイツは??」なんて思っていた時期もあるくらい。

 そんな弟は、高校時代からバンドをやっており、ドラム一筋でやっている。高校時代からだから、かれこれ8~9年くらいやっているのだけど、昔は口も聞かない仲だったため、一度も見に行ったことが無かった。

 そんな中、10月くらいに弟と初めてサシで飲みに行った。きっかけは、ドラクエ9の地図を交換してほしいということだった。まぁ、今どきと言えば今どきか。
 サシ飲みどころか、まともに会話をしていなかった。何年ぶりかに弟と会話したので緊張したのを覚えている。
 そこで、ライブの話になり、「今度ライブあったら教えて」と言い、それを覚えてくれていて、メールをくれた。

 如何せん、初めて弟のライブを見るので、始まる前から少々興奮気味でした(父親かぃ!というツッコミは無しで...)。
 それにしても、今まで何度かライブハウスでライブを見たけど、聞いてて嫌な感じがしないどころか、とても聞きやすかった。弟すげー!!

 あいつはこれからも腕を磨いていくんだろうな。分野は違いますが、自分もまた頑張って生きます。

 力をくれた弟に多謝。

 著者:松本典久
 出版元:実業之日本社
 ISBNコード:ISBN978-4-408-10773-8

 感想はこちら...

 友人とフラっと入ったお店です。場所は、ココ(google mapへリンク)です。(最寄駅はJR・東武・西武・東京メトロ池袋駅)

 店内は下足式、カウンターとテーブル席に分かれていて、テーブルは店内の階段を上っていきます。

 ここでは、地酒・焼酎の種類が豊富。中々お目にかかれない、「十四代」や「黒竜」などもあります。このお酒に合わせて、モツ鍋やお刺身がまた美味しい。

 なにより珍しいのが、地酒を造る段階で使用する仕込み水が出てくる!これを飲んで、地酒を飲むと、次の日に残らないのが、嬉しいところ。

 お値段は少々高めで、料理もガッツリ食べられる感じではないので、二次会などでしっぽりと飲むのには最適です。

昔ばなし別館
 個室はこんな感じ。

 ちょっと気になったので調べてみました...

 友人の紹介で行ってみました。場所は、ココ(google mapへリンク)です。(最寄駅はJR・東武・西武・東京メトロ池袋駅)

 店内は、テーブル毎に柱などがあり、半個室風になっているため、数人でゆっくりしたいときにはオススメです。
 サラダなどの料理も美味しいのですが、私(紹介してくれた人も)がオススメなのは、お新香!!特にきゅうりと白菜のつかり方がしっかりしていて、お酒のみにはたまりません。

 値段も高くも無く、お手ごろ感覚です。

 著者:和田秀樹
 出版元:大和書房
 ISBNコード:ISBN978-4-479-79278-9

 以下に感想を...

 著者:ロビン・シャーマ
 出版元:海竜社
 ISBNコード:ISBN978-4-7593-1096-2

 以下に感想を...

 私事ではございますが...本日誕生日です!!

 早いもので、26歳になりました。

 しがないサラリーマンにも関わらず、プレゼントを頂いた方に、この場を借りて感謝!!

 といっても、ココを知らない人がほとんどです...。(もちろん直接ご挨拶もしましたよ)

 今年は、産まれて初めて手帳を使い切りそう。そんなわけで、来年の手帳を探し続けていたのですが、
LOFTで見つけたある手帳に惹かれました。

 

ほぼ日手帳2010

 ほぼ日手帳

 この手帳、コピーライターの糸井重里氏らが制作した。来年で9年目だそうだ。

 ここから先は、実際に触ってみての感想...

 朝からトラブルがあると、一日のスケジュールが狂うな...なんて思ってしまった一日でした。

 大体、前日に「明日やればいいや」と思っていることがあると、大体こうなる。

 つまり、最初からやれることはその日のうちにやっておけということですね。

 久々にBlogを書くことに決めました。
 だけど、題材は特に決まってません。最近、本を読むようになったので、その備忘録的な感じでしょうか。

 まずは書き続けることを目標とします。